傷の治るお薬のコト

久々に広範囲の酷いやけどをしてしまった。
yakedo
写真はもうだいぶ治っているのだけど、実際に負傷したのは9月28日、福山雅治さんの結婚報道の時である。
冗談ではなくマジで蒸しものをしながらあの報道の事で友達とLINEで熱く語っていての不注意事故…。
ロストましゃショックの事件であったw

怪我の経緯はさておき。
しばらくはワセリンとかつけてあとは包帯もせず乾燥させてここまで治癒したのだが、現在はその治療方は誤りであり、湿潤治療が先進なんだとか。
そして、この後に放置をするとこの傷は確実に残りそうな気配。

最近、売れているアットノンを買いに行こうかな、とWEBで価格を調べたところ、高っ!
正規の税込価格が¥1,348、あとは薬局によって900円台とか。
atnon

昔、近所にアトピーの子がいて、その子のつけていた特効薬の存在を知っていた。
かなり酷いかきむしり跡が「つるん」としていたのをみて、実はニキビ跡に塗らせてもらったことがある。
その薬の名前は「ヒルドイド」。
処方箋が必要なのだけど、たしか200円とかだったはず…。

…と調べていて驚いた。ヒルドイド(ヒルロイドともいう)は、
なんと「最強の美容液」とうたわれ、ネットでも評判なのであった。

関連でいろいろ調べ始めたら、もっといろいろでてきたのでメモ。

まずはこちらのサイト。
薬局のオモテとウラ「これぞマーケティングの極み 小林製薬「アットノン」

お…同じ成分(ヘパリン類似物質 100g中 0.3g)で1300円と220円程度!?
これは会社抜け出して処方箋もらうしかない!

主成分が「ヘパリン類似用物質」と書いてあるのに気付き、たしか「ヘパリンなんちゃら」…という薬の存在を思い出してググったところ、こちらのサイトが見つかった。
傷跡の消し薬!市販でアットノンを超えたのは?!体験レビュー

サイトが消えてしまうと処方がわからなくなっちゃうのでメモさせていただく。

▼用意する市販薬と道具
・ヘパリンZクリーム
・白色ワセリン
・ガーゼ(化粧用のコットンでも可)
・サージカルテープ(他のテープでもOK)

▼使い方
1.ヘパリンZクリームを傷跡に少量塗る
これは、気がついた時にこまめに塗ると効果的
1日3回程度は塗るとよい
「コツ」は、少量をこまめに塗る事

2.ヘパリンZクリームとワセリンを、「1:1」で混ぜて用意する
これは、就寝前・消したい傷跡が目立たない場所にある時に、実行する
「コツ」は、2つの薬を山盛りに用意。

3.「2」を就寝前に傷跡に山盛りに塗って、ガーゼ等で覆い、サージカルテープで軽く固定する。
混ぜ合わせて準備ができたら、消したい・薄くしたい傷跡がみえなくなる位、どっさりと塗る。
患部をガーゼやコットンで覆い、サージカルテープで、軽めに固定して完成。
「コツ」は、出来るだけ長い時間このままで放置すること。

なるほどー。
でもヘパリンZも1000円程度しちゃうし。
ジェネリックのビーソフテンと同じ製薬会社のピアソンHPなら2倍の50gで1000円前後らしい。
いろいろあるのね。

【やけど関連で役に立ったサイト】
・やけどケア.jp
・ヘルスケア大学・やけどは初めの適切な応急処置が肝心
いざという時に!やけどの応急処置(Naverまとめ)
京都逓信病院・湿潤療法により、痛くなく、早く、きれいに傷を治す